免許証は絶対携帯

運転免許証は、車を運転するときには必ず持たなければならないものです。
道路交通法で
運転免許証携帯は定められていることです。
実際、車を運転していて、運転免許証を提示しなければならないことは少ないでしょう。

検問や事故に遭わない場合、提示を求められたことがない方の方が多いことです。
それでも、もしものことがあるのが運転ですので、どんなことがあるか分からないからというだけではなく、運転をするときには、持たなければならない存在であることして認識しましょう。

運転免許証を車に置きっぱなしにしている方も少なくないのですが、これも少し危険です。
車両荒らしなどにあった場合、盗まれる恐れがありますし、盗まれて偽造されることもあります。
ここは大丈夫と思っていても犯罪に結ぶつくこともありますから、できれば財布同様に貴重品として扱うことをお勧めします。

さて、運転免許証を不携帯のまま車を運転していて、たまたま提示を求められて、携帯していないことになると、罰金が3000円になります。
違反点数は引かれることがありませんから、そのままですが、3000円は支払うことになります。

そこで3000円を支払うのではなく、青キップを手渡されて、金融機関で収めることになります。
違反ではありませんから、運転免許証がゴールドの場合もそのままです。
それにしても、3000円と言う罰金については、少し高いと思う方もいらっしゃいますが、それだけ大切な存在ということですから、必ず運転免許証は携帯するようにしましょう。


【管理人推奨サイト】
合宿で免許が取れる合宿免許についての情報を掲載しているサイトです > 合宿免許